ドクタードリトル

本作は1998年のアメリカ映画。ジャンルはコメディ。監督はベティ・トーマス。主演はエディ・マーフィ。

主人公、ジョン・ドリトル(エディ・マーフィ)は幼少の頃より動物と会話ができた。だが、父親に異常だと言われ、かたくなにその力を封じていた。

だが、大人になり、ドクターとして働くジョンは、ある日病院帰りに野良犬を引いてしまう。しかし、殺したはずの犬が怒鳴り返してきた。動物の声が聞こえる?本人ですら忘れてた能力が再び目覚め、ジョンは大混乱に……。

エディ・マーフィー主演のどたばた動物コメディですね。犬や猫、馬など様々な動物が出演し、吹き替えで声があてられ、正しく喋っているような楽しい映画です。

お子様向けではありますが、吹き替えがDVDに収録されておらず、字幕のみなのが残念。TVでは吹き替えで流れたようですが。

吹き替えはさておき、内容は中々見応えがあります。動物と会話する事に抵抗するジョン。でも、娘はその姿を見て、大好きな科学の実験をすることや、動物とのスキンシップもくだらないのか、父は自分を嫌ってるのではないかと思うようになります。

仕事か家族か、ありふれたテーマではありますが、エディ主演の作品でこういった温かい作品が出来た事は嬉しい限りですね。
東京都 引越し 見積もり